運動後すぐにお酒を飲んではいけない理由とは?

 

運動すると発汗し体内の水分が失われ、喉が渇きます。

 

そんなエクササイズの後に飲むお酒は最高で、なぜかいつもより美味しく感じますよね。ジムの後に飲む一杯のために運動するという人も中にはいます。

 

とても美味しいお酒ですが、運動後すぐに飲むと体によくないとご存知ですか?

 

正しい知識を持たずにアルコールを摂ると、ダイエットにも体にも悪影響です。頑張って運動しても、効果がなければ意味がありません。

 

ここでは運動後の飲酒で起こる症状や、ダイエットに効果的なお酒の飲み方を詳しく説明していきます!

 

1.運動後にお酒を飲んでもいいですか?

 

なぜ運動後すぐに、お酒を飲んではいけないのでしょうか?

 

それは、

 

  • 筋肉トレーニング効果がなくなる
  • 持久力の低下
  • 疲労回復機能の低下
  • 睡眠障害が起こる
  • 水分不足になる

 

からです。

 

運動後の飲酒による影響はたくさんあり、体によくありませんね。

 

アルコールを摂取すると筋肉を発達させるホルモンが減少し、筋肉が育成されず運動の効果がなくなってしまいます。

 

また持久力や疲労回復機能低下が起こり、すぐ疲れたり、疲れが取れにくくなるので注意が必要です。

 

エクササイズ後の飲酒により睡眠障害も起こります。熟睡できず浅い眠りにつくことで、体の疲れが更に取れにくくなり悪循環です。

 

他には、水分不足になり頭痛やめまいを促し気分が悪くなることもあります。

 

疲れた体でお酒を飲むと危険なことがたくさん起こり、体によくないので気をつけるようにしましょう。

 

①なぜ睡眠障害が起こるの?

 

お酒を飲むことで熟睡できると思っている方が多いですが、それは大きな間違いです。

 

では、なぜお酒を飲むと睡眠障害が起こるのでしょう?

 

それは、アルコールが体内の水分を奪い、脱水症状になるからです。

 

脱水症状を引き起こすと睡眠リズムを乱すことが科学的にも実証されており、深い眠りにつくことができません。浅い眠りでは筋肉の育成や疲労回復ができないので、ダイエット効果も出にくくなります。

 

②脱水症状の危険性とは?

 

睡眠障害を引き起こす脱水症状ですが、それ以外にも恐ろしい症状が発症することがあるのです。

 

それは、

 

  • 失神する
  • 渇きを感じる
  • 震えがでる
  • 重度の場合、命に関わる
  • 筋肉が痙攣する
  • 錯覚・幻覚を引き起こす

 

など、危険性が高く注意が必要になります。

 

では、脱水症状を防ぐためにはどうすればよいでしょうか?

 

それは、水分補給を怠らないことです。

 

お酒を飲みながらお水を一緒に飲むことで、脱水症状が起こりにくくなります。

 

それでも心配な方は、スポーツドリンクなど体に吸収されやすいものを飲むとより効果的ですよ!

 

2.ダイエットに効果的なお酒の飲み方とは?

 

運動直後のお酒は体に悪影響ですが、体に影響なく飲酒する方法はあるのでしょうか?

 

お酒について調べてみると、健康的に飲酒する方法がありました!

 

それは、エクササイズ後に時間をおいて体を休ませることです。

 

運動直後の飲酒は危ないですが、2時間ほど時間をおくと飲酒可能になりますよ。

 

運動後は約2時間空けて飲みましょう。運動直後からの2時間は、体内で栄養を吸収する作業が活発になり、疲労回復や筋肉の成長に大切な時間帯。このときにアルコールを摂取すると、栄養の摂取量が減ってしまいます。

 

脱水予防にエクササイズ中や、エクササイズ後に水分補給をしっかりして、ゆっくり体を休ませてからお酒を飲むようにしましょう。もちろん飲み過ぎはよくないですが、多少のお酒なら大丈夫です。

 

①お湯割りで体を温め脂肪燃焼!

 

どうせお酒を飲むなら、体にいい飲み方をしたいですよね。

 

健康的にお酒を飲みたい方におすすめしたいのが、お湯割りです!

 

冷たいものは体を冷やし血流が悪くなるので、出来るだけ避けてお湯割りなど温かいものを飲みましょう。

 

体が温まることで、代謝アップにつながりダイエットに最適ですよ。

 

最近は日本酒や焼酎のお湯割り以外にも、ホットワインなど温かいアルコールもあるのでバラエティ豊かに楽しめます。

 

ダイエット中の方は、温かい飲み物を進んで飲むようにしてください。

 

②熱燗をゆっくり飲んでペースダウン!

 

お酒のペースダウンをしたい方におすすめなのは、熱燗です。

 

お酒を続けて飲んでいるとペースが早くなり、止まらなくなってしまうことがありますよね。そんなときは、熱燗を飲むようにするとゆっくり飲むことができます。

 

お湯割りと同じく温かいお酒ですが、熱燗はアルコール分が少し飛んでおり、とても熱いので気をつけながら飲んでください。

 

時間をかけてお酒を飲むと満足度が高くなるので、お酒のペースダウンにつながりダイエットに効果的ですよ。

 

3.運動後にすぐお酒を飲んではいけない理由まとめ

 

運動後にすぐお酒を飲むと様々な症状が出やすくなり、とても危険です。運動後の脱水状態にプラスして、飲酒により更に脱水を助長してしまいます。

 

またお酒を飲む際には、前後に水分補給をしっかりとして、脱水症状を起こさぬよう気をつけて飲酒してください。

 

せっかく運動しても、筋肉が育成されないと元も子もないですね。運動後は必ず2時間以上あけてからお酒を飲むようにすると、体に影響がありません。

 

一度、脱水症状を引き起こすと、脱水症状になりやすい体質になってしまうので注意が必要です。

 

お酒を飲まないに越したことはないですが、どうしても飲みたい場合は、お湯割りや熱燗など温かいお酒を飲むようすると代謝が上がりいいですよ。

 

運動後のお酒は、脱水症状に気をつけて飲酒するようにしてください!