ストレスが溜まるダイエットは止めよう!その理由とは?

「あ~イライラする!」
 

ダイエット中にそう感じることはありませんか?それまでは、さほど気にならなかったことに何だかいらついてしまう。私にもそんな経験があります。
 

そのイライラは、ついついスイーツに手を伸ばす原因になってしまい、1口だけのつもりがケーキを3つも食べてしまった!そうなると、もうやけになりせっかく頑張っていたのに、途中でダイエットをやめてしまう。そんなことを繰り返していました。
 

私って意思が弱いから痩せないんだ。と今までずっと思っていました。ですが、調べてみると意思の問題だけではないとわかってきました。
 

実はダイエット失敗の1番の原因は、ストレスだったんです!
 

ここではどうしてストレスがダイエットに大敵なのか、その理由を中心に見てみましょう!
 

1.ダイエットにイライラはつきものなの?

 

結論から言うと、どうしてもイライラすることは多いと思います。というのは、ダイエットには食事制限がつきものですよね。本来、人間は食いしん坊な生き物です。
 

おいしいもの大好きなのは私もあなたも同じです。なのに、ダイエット中だとお腹いっぱいには食べることはできません。甘いものは控えめに、腹八分目を心がける必要があります。
 

皆がランチの後、ケーキを食べても一人我慢しなければいけません。飲み会の時には、皆が唐揚げ食べてもサラダで我慢しなければいけません。
 

食べたいときに食べたいものを食べれないという状況は、予想以上にイライラを募らせる原因になると言えるでしょう。
 

①食べないダイエットは太る?

 

食事を取らなければ痩せるそう思いこんではいませんか?
 

食べないのに痩せることができない。そんな経験はありませんか?
 

食べないストレスを感じながらのダイエットは、実は太りやすいんです。その理由として、
 

  1. 食べないことでイライラする。
  2. ストレスで反動がくる。
  3. 筋肉が減ってしまう。
  4. 体が省エネモードになってしまう。


 

などがあげられます。
 

カロリーはエネルギーをつくるための熱源ですから、カロリーがないということは、体の中で熱をつくらないということ。つまり、ノンカロリーなものばかり食べていると、体が冷えて代謝も落ちるため、太りやすくなってしまうのです」(管理栄養士・伊達友美先生)

引用元:FItty Web

 

つまり、食べないという手段をとることは、メンタル面からも身体面からもNGなダイエットであると言えます。食事を取らずに、飢餓状態になった体は、なるべく多くの脂肪を少しの食べ物で蓄えようとします。
 

その上、筋肉の落ちた体は代謝も落ちてしまっているので、なかなか消費することができず、結果的に太りやすい身体になってしまいます。
 

一方で、食べないストレスを感じ続けることで爆発してしまうことがあります。いわゆる「ドガ食い」です。食欲が暴走してしまい、さらに自己嫌悪になりストレスをためる。という負のループにはまりこむのです。
 

このように、食べないという極端なダイエットは、色々な危うさを秘めていることがわかったと思います。
 

②ダイエットはつらいもの?

 

今やっているダイエットをつらいと感じるのであれば、そのダイエット方法は正しくないと言えます。本来、健康的な生活を送るのは実は気持ちの良いことなんです。
 

今あなたが辛いと感じているのは、それが義務になっているからだと思います。「運動はするべき」、「食事制限はするべき」・・すべてが「~べき」では何だか息苦しいですよね。
 

毎日の生活の中で、いつもより少し気を付けるだけでいいんです。
 

「一駅歩いてみよう」
「ご飯を半分にしてよく噛んでみよう」
 

など、自分に負担にならないところからダイエットを始めてみませんか?
 

2.ダイエットのはずがストレス太り?

 

きちんと毎日運動をして、食事制限をしているのにどうしても痩せないと感じることはありませんか?その原因はもしかするとストレスかもしれません!
 

ストレスを感じるだけで太りやすくなるという研究結果がアメリカで出ています。
 

ハイオ州立大学の研究者たちは、高カロリーな食事を摂ったときに、ストレスが身体の代謝にどのような影響があるかについて調べました。
平均年齢53歳の女性58名に、60gの脂質を含む930kcalの食事を与え、エネルギー消費にかかる時間と血糖値、ストレスに反応するホルモンであるコルチゾールなどを測定。またその実験の前に、ストレスを感じる出来事があったかについても、詳しく聞き取り調査を行いました。
その結果、24時間以内にストレスを感じた人の消費カロリーは、食事後7時間以内にもストレスを感じる経験がなかった人に比べて、平均で104kcalも低いことがわかりました。

引用元:excite news

 

たかだか104キロカロリーと思いますか?
 

単純に1か月で計算すると、3120キロカロリー、半年で18720キロカロリーになります。これは、体重に換算すると半年でおよそ2.6キロ太ることになります。たかだかストレスとはとても言えない結果ですよね。
 

①過食の原因に!

 

ダイエットだといって、「あれも食べちゃダメ」
 

「これも食べちゃダメ」と我慢していると常にストレスにさらされている状態になっています。
 

ろくに食事をしなかったのに、何かのきっかけで食欲が暴走しはじめて止められないということは実はよくあることなんです。ダイエット後の過食は、体に負担がかかるばかりではなく、精神的にもよくありません。
 

私の場合

 

実は私も拒食症気味のダイエットの後、スイッチが入り過食に転じてしまった一人です。当時の私のある日の食生活を紹介してみますね。
 

  1. 朝ご飯:なし
  2. 昼ご飯:手作りのお弁当(400mlしか入らない小さなもの)
  3. 夜ご飯:ダイエット食品とサラダ

 

当時の私は、どんな手段を使ってもとにかく痩せようと必死でした。もちろん、間食もとっていません。そんな私が過食に走ったのは、3キロ減ったある日でした。
 

友人がすすめるお菓子を1つ食べたのをきっかけに、今まで我慢していたのを帳消しにするようにお菓子をまさにむさぼり食べてしまいました。
 

そうなると自制がきかず、過食へと変わり、体重はあっという間に元通りに!その結果的、前の体重よりも太ってしまうというリバウンドを経験してしまいました。
 

②代謝を落としてしまう

 

ストレスを感じ続けると最初に影響がでるのが血流です。血は体の中を巡っており、ストレスによる血行障害を受けると体に様々な影響が出てきます。
 

体を機能させる働きを担う自律神経がこれらの働きをコントロールしていますが、なんらかの原因によって阻害されると血管が収縮し、血行不良になってしまうのです。栄養が必要なところに十分届かなくなるため、様々な不調を引き起こします。

引用元:スキンケア大学

 

血液に乗って酸素や栄養分は運ばれ、体内にあるゴミも同じく血液で運ばれてきます。この流れが悪くなると、健康に生きるために必要な栄養分もきちんと摂れない、不要物の排出もできないという基礎代謝の悪い身体になります。
 

代謝が悪いとなかなかカロリーを消費することができず、がんばってダイエットしているのにちっとも体重が減らないという悲惨な状態に陥ってしまいます!
 

③脂肪をストックしやすくなる!

 

体がストレスを受けるとその対抗手段として、コルチゾールというホルモンが分泌されるようになります。人間にとって重要なホルモンではあるのですが、インスリンを多く分泌する働きを持ちます。
 

インスリンは膵臓から分泌されるホルモンであり、血糖値を下げる働きを持つ反面、栄養分を体脂肪として体内にストックする働きも持ちます。
 

せっかくダイエットで脂肪を減らそうとしているのに、それとは反対のことをインスリンはします。ですから、少ししか食べていないのになかなか痩せないという不思議な状態になるんです!
 

3.ストレスフリーのダイエットとは?

 

ダイエットは、目標体重になったら終わりというわけではありません。その後も維持するために、気を付けなければいけません。そのためには、ストレスフリーであるということが第一条件となります。
 

どうしたらストレスフリーになれるの?
 

そう思っているあなたは、ストレスがかかっていたころのダイエットを思い出しましょう。極端な食事制限はしていませんでしたか?スポーツが嫌いなのに無理やりジムに通っていませんでしたか?
 

無理なダイエットは絶対につづきません。まずは、ダイエットをしなければいけないという義務感を捨てることです。
 

いつもよりよく噛んでご飯を食べる。家族や友人とおしゃべりをしながらゆっくり食べる。これだけでも食事の量は減らすことができます。無理に運動をしなくても、階段を使うように心がけるだけでも、体を動かす癖をつけることができます。
 

日々のちょっとした心がけがダイエット成功への第一歩です!
 

4.ストレスがダイエットに禁物な理由のまとめ

 

私達は早く結果を出そうと、ダイエットの時にはつい無理をしがちです。それでなくても、ダイエットは人間の生理とは反対のことをする行為なのに、頑張り過ぎてしまうと大きなストレスがかかってしまいます。
 

ストレスぐらいと思ってしまいがちですが、実はダイエットの大きな敵なんです!
 

食事制限もきちんとしてるし、運動もしているのに痩せないというあなたは、ストレスが原因かもしれません。本当にあなたにとってそのダイエットはつらくないですか?
 

もしつらいのであれば、あなたが思っている以上のストレスがかかっているのかもしれません。その時には、今一度食生活から見直してみましょう。
 

ダイエットは生活の一部です。痩せるためだけではなく、健康に暮らすためにもストレスフリーなダイエットを目指して下さい!