ダイエット時のストレス解消法とは?過食を防ごう!

「一つだけで我慢するから!」
 

そう言ってダイエット中にお菓子に手を出してしまった経験はありませんか?私にはあります。1つで我慢できるはずがなく、ポテトチップスを一袋食べてしまったことも・・。
 

1週間かけて痩せた1キロが1日で戻ってしまう。そんな経験もしたことがあります。
 

せっかく痩せたのに痩せかけていたのに、1回で体重が戻ってしまう。結果、どうでも良くなって食べ過ぎてしまい、体重はさらに増加してしまいました。このようなリバウンドも1回は2回ではありません。
 

日本人のダイエット経験者のうち、60%以上がリバウンドしていると言われています。そしてダイエットしてリバウンドするのを繰り返していると、逆に太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

引用元: CLUB Panasonic(クラブパナソニック)ダイエットナビ

ようやく私はダイエットの敵に気づきました。本当の敵は、甘いお菓子やスナック菓子ではなく、ダイエットをすることで生じるストレスそのものなんですね。
 

ここでは、この手ごわい難敵とどのように付き合っていくかを見てみましょう!
 

1.ダイエット中にストレスを感じやすい理由とは?

 

人間が生きるために感じる欲は3つあると言われています。1つ目は「睡眠欲」、2つ目は「性欲」、そして3つ目は「食欲」です。
 

この三大欲は、生命維持に関わる生理的な願望です。誰も強く望まなくても、眠ったり食べたりしますよね。それとは反対のことをしようとしているのがダイエットなんです。
 

本来持っていた欲を強引に理性で抑え込めようとしている最中だと言えます。そのような状態でイライラしないわけはありません。
 

食べなくてはいけないのに食べてはいけない。この矛盾がダイエット中のストレスの大きな原因だと言えると思います。
 

①ストレスを感じると太るの?

 

ダイエット中は、脳はフル活動しています。食べたいという欲求を必死に制御しているんです。起きている間は、ひたすらブレーキをかける役目をしているので、脳は少しずつ疲れてきてしまいます。
 

この疲れは、脳にとってはストレスです。脳が疲れを感じ始めると、脳内に発生するセロトニンがうまく分泌されないという事態になります。
 

セロトニンとは、脳内の神経伝達物質のひとつで、ドパミン・ノルアドレナリンを制御し精神を安定させる働きをします。必須アミノ酸トリプトファンから生合成される脳内の神経伝達物質のひとつです。視床下部や大脳基底核・延髄の縫線核などに高濃度に分布しています。
他の神経伝達物質であるドパミン(喜び、快楽など)やノルアドレナリン(恐怖、驚きなど)などの情報をコントロールし、精神を安定させる働きがあります。

引用元:e-ヘルスネット

 

ダイエット中に無性にイライラすることはありませんか?もしかすると、脳が疲れてしまいこのセロトニンがうまく分泌されていないのかもしれませんね。
 

いくら食べても食べた気がしない。どれだけ食べても満腹感が感じられない。そんなあなたは、一度ダイエットそのものを見直す必要があると思いますよ!
 

②太るダイエットってあるの?

 

極端な食事制限をするダイエットは太りやすいと思います。私がリバウンドしてしまったときの食事内容を紹介してみますね。
 

  1. 朝ごはん:野菜ジュース
  2. 昼ご飯:和食中心の定食(白ごはん:半分 おかず4分の3程度)
  3. 夕ご飯:ダイエット食品

 

一日の総カロリを見ても1000キロカロリーは、いっていなかったと思います。完全なカロリー不足ですね。確かに劇的に体重は落ちましたが、やつれた感じになり、健康的なやせ方とは程遠いものでした。
 

この食生活を2週間ほど過ぎた後、イライラするようになってきました。そのイライラを解消するように、たまにはいいかと思い、1つのチョコレートをつまんだのがリバウンドのきっかけです。
 

疲れ果てた脳が求めていたのか、体が求めていたのか、私は一袋すべてのチョコレートを食べてしまいました。こうなると食欲はとまりません。これまでの我慢を発散するかのように食べてしまい、ダイエットは失敗してしまいました。
 

③本当に痩せるダイエットとは?

 

できるだけストレスを感じさせないダイエットが理想です。ですが、ダイエットとはそもそも「食事制限」を語源に持つ言葉です。
 

食べたいものを食べ、寝たいときに寝て、運動もしないで痩せるわけはありません。少なからず食べる量を制限したり、食事内容を見つめ直す必要があると言えるでしょう。
 

サプリを効果的に取り入れるのも方法の1つかもしれません。
 

代謝を上げてくれるものや腸内環境を整えるものなど様々なサプリが販売されています。自分の目的に合ったものをサポート的に使うのも効果的ですよ。
 

ただし食事制限をする以上、どうしてもストレスはついてまわります。どのように発散し、上手く付き合っていくかがダイエット成功への重要ポイントになってくるでしょう。
 

2.ダイエット時のストレス解消法とは?

 

自分のやりたいことをするのが1番です。自分の好きなミュージシャンのDVDを見ていたら、ご飯を食べるのを忘れていたという経験はありませんか?
 

食べるということを忘れるぐらい熱中できるものがあると、食べたい欲求は無理なく抑えられていきます。ここでは、具体的に効果を感じられた解消方法について紹介してみましょう。
 

①自分の好きな香りを部屋にたく

 

アロマテラピーの中には、心を落ち着けさせる働きを持つものが多くあります。自分が家でほっとできる時に、アロマをたくだけでゆったりとした気分になることができると思います。
 

毎日頑張っている自分を労わってあげる時間を少しでも取ると、心がまるくなってくるのが実感できますよ。
 

アロマテラピーはリラクセーションやストレスケアの他、美容や健康維持、疲労回復に役立てることが可能です。入浴やトリートメント、セルフスキンケアなど、 アロマテラピーを上手に生活に取り入れていくことは、 心と身体のバランスを取り戻すときの、大きな助けとなるでしょう。

引用元:AEAJ公益社団法人 日本アロマ環境協会

 

②カラオケに行く

 

下手でもいいんです。大きな声をあげ、皆で笑うことが重要なんです。イライラしがちな気持ちも思いっきり声をだすことで、少しずつ気持ちも軽やかになってくると思います。
 

今は一人カラオケの利用者も多くいるので、友達と行くのが恥ずかしいというあなたは、一人カラオケでお腹から声を出すこともおすすめですよ。
 

③軽い運動をする

 

気分がのらないからと言って家に一日中いると、どうしてもお菓子を食べたくなります。テレビやDVDを見ながらジュースとお菓子という形は一番太るパターンです。
 

何もスポーツジムに通ってと言っているわけではありません。お菓子に手が伸びそうになったら、スニーカーを履いて外に出て下さい。30分でもいいのでウォーキングをしましょう。
 

外の風にふれ、空気を吸うことで、食べたいと言う気持ちも落ち着いてくると思いますよ。
 

3.それでも食べたい気持ちがおさまらない時は?

 

色々な方法を試したけれど、どうしても食べたいそんな時もあると思います。
 

そんな時には無理をせず、食べてしまいましょう。
 

大きな袋のお菓子は少しだけ小皿に取り出して、大皿のおかずは1回だけにしてください。量にだけ気を付けてくれれば、スイーツでも構いません。週に1回だけ自分に対するご褒美としてみてはいかがでしょうか?
 

何事も我慢のし過ぎは禁物です。時にはOK!とほどよい抜け具合もダイエットには必要です。
 

4.ダイエット時のストレス解消法のまとめ

 

ダイエットは、もともとある人間の「食べたい」という欲求と逆のことをすることになります。生理的欲求に逆らうわけですから、当然ストレスは溜まってしまいます。
 

挫折しないためには、そんなイライラとどのように付き合っていくかが大切になってくると言えるでしょう。そのためには、自分夢中になれることを見つけることです。
 

それは運動でも音楽でも何でもかまいません。小腹が空いたなと思ったら、ぜひ試してください。意外にお腹が空いていないことに気付くと思います。
 

それでもどうしても気持ちが治まらない時には、量を決めて食べて下さい。がんばり過ぎは禁物です。長い目でダイエットをとらえていきましょうね。